低インシュリンdiet 「お料理」レシピ 1分間 アイスダンベル 10days ライフ 身体の不調 バランス美容 お問合せ メルマガ コンテンツ TOP
Every Body Nice Body
★☆★☆秋から冬にかけては基礎代謝が高まる季節です!食欲の高まるこの時期に栄養があり、そしてダイエットにピッタリな低インシュリンダイエット!きっちり食べてしっかりきれいに・・・そんなあなたを応援するエブリバディ・ナイスバディです!!★☆★☆
永田式ダイエットの基礎
おいしく食べて代謝アップ
食べないダイエットは代謝を下げる低インシュリンダイエットの基本的な考え方
GI値を知って血糖値を抑えよう目次へ
食べないダイエットは代謝を下げる
!食事量を急激に減らすとやせにくい身体に
ダイエットを始めるとき、「まず食事量を減らそう」と考える人は少なくありません。
確かに、食事量を減らすことで、一時的にはやせるかもしれません。

しかし、はじめは減っていた体重が、ある時期からなかなか減らなくなってしまいます。
これは、食事量が急に減ったことを身体が感知し、少ないエネルギーでも生きていけるよう、交感神経の働きを抑え、代謝を低くしてしまうことが原因です。
つまり、身体が「節約体質」なってしまうからなのです。

!無理な食事制限は代謝に欠かせない筋肉の減少に
身体は食事制限のために必要なエネルギーが足りなくなってくると、体脂肪を分解してエネルギーを作り出そうとします。
しかし、体脂肪をエネルギーに変えるために必要なグリコーゲンまで、厳しい食事制限で作り出せなくなっていると、今度は筋肉からグリコーゲンを捻出する「糖新生」をひんぱんに行うようになります。
つまり、筋肉細胞の一部であるアラニンというアミノ酸を分解することで、グリコーゲンを作り出し、筋肉を減らしてしまうのです。
筋肉は脂肪より重いので、筋肉が減ると確かに体重が落ちますが、それによってさらに代謝も下がってしまうのです。
食事制限により体重が落ちたからといって、ダイエットに成功したと思うのは、じつは大きな勘違いなのです。
食事量を普通に戻しただけでエネルギーが余ってしまい、あっという間にリバウンドしてしまうのです。
しかも、ダイエット中は満腹中枢が満たされていないので、摂食中枢の働きが増して、食欲は旺盛になってしまいます。
その食欲を我慢すると、イライラして、つい食べ始めたらとまらないという、恐ろしい結果が待ち受けていることもあるのです。

!食べないダイエットから食べるダイエットを
食事という人間の本能に反する無理な食生活を続けている限り、ダイエットの成功はありえないのです。
やせては太るリバウンドの悪循環を繰り返し、身体がどんどん「やせにくい体質」になってしまうだけです。
食事とは本来、人の楽しみの一つです。食べる楽しみを失わず、しっかり食べてやせようというのが、低インシュリンダイエットの考え方です。
インシュリンの分泌をコントロールする生活で、代謝を落とさずにやせられる、健康的なダイエット法です。
あなたの運動レベルチェック 低インシュリンダイエットの基本的な考え方
 

HOME   運営者情報
Copyright©2003-2009 Core Planning Co.,Ltd. Allrighsreserved.